[九電みらいエナジー]九州電力グループの新電力。料金プラン・シミュレーション


九州電力グループの九電みらいエナジー株式会社が、2016年4月1日からの電力小売り全面自由化に合わせて、首都圏エリアで電力の販売を開始しました。

九電みらいエナジー
http://www.q-mirai.co.jp/retail/

おトク額の例として、東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bから九電みらいエナジー(基本プランM)に変更すると、年間約7200円おトクになるとしています(契約アンペア数40A、月平均400kWh利用の場合)。
また、電気の使用が多い家庭での例としては同様に、年間約22200円おトクになるとしています(契約アンペア数50A、月平均700kWh利用の場合)。

販売エリア

九電みらいエナジーの電気の販売エリアは、以下のとおりです。

[関東エリア]
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)

(2016年4月現在)

料金プラン・単価(関東エリア)

九電みらいエナジー(関東エリア)の料金プランは、東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bに相当する「基本プランM」と、同じく従量電灯Cに相当する「基本プランL」の2通りです。

・基本プランM
一般家庭向けの標準的な料金プランです。電気の使用量ごとに2段階で料金が設定されています。契約アンペア数は40A・50A・60Aとなり、30A以下の方は申し込めません。
この基本プランMは、東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bの比較して、基本料金が約15%おトクになり、電力量料金(従量部分)も120kWhを超えた部分の単価が割安となります。電気の使用が多い家庭ほど、九電みらいエナジーのほうがおトクになります。
九電みらいエナジー料金プランM

・基本プランL
店舗や事務所向けの標準的な料金プランです。電気の使用量ごとに2段階で料金が設定されています。契約容量が6kVA以上の方が対象です。
九電みらいエナジー料金プランL

支払い方法

九電みらいエナジーの支払い方法は、クレジットカードのみ(Visa、MasterCard、JCB、Diners、AMEX)です。
口座振替やコンビニ払いなどには対応していません。

新規契約キャンペーン

九電みらいエナジーへの切り替え申し込みをすると、抽選で「九州ペア旅行」などが当たるキャンペーンが実施されています。
当選商品は「九州ペア旅行」「JALマイル3000マイル、またはJCB商品券3000円分」「九州特産品」。
2016年5月末までに申し込み、6月末時点で契約を継続している方が対象です。

申し込み方法

九電みらいエナジーへの電気の切り替え申込は、公式サイトから申し込めます。
申込には、検針票(供給地点特定番号・お客さま番号・契約容量などが書かれたもの)とクレジットカードが必要となります。
なお、電話や窓口での申込方法は用意されていないようです。

九電みらいエナジー公式サイト
http://www.q-mirai.co.jp/retail/

※おトク額がわかる料金シミュレーションもあります。