[丸紅新電力]個人家庭向け電気販売の料金プラン・供給エリア・シミュレーション

投稿者: | 2016年3月4日 [最終更新日]2016年5月16日

丸紅グループの新電力会社である丸紅新電力が、2016年4月1日から家庭向けの電力サービスを開始します。

丸紅新電力
https://denki.marubeni.co.jp/

丸紅新電力では「プランS」と「プランḠ」の2通りの料金プランが用意されます。プランSはおトクさを重視した標準的なプラン。プランGは環境保全活動をサポートするプランです。
ガスや携帯電話などとのセット割引は無く、シンプルな料金でわかりやすいのが特徴です。

おトク額の例として、東京電力 従量電灯Bから丸紅新電力プランSにスイッチングすると、年間約4800円おトクになるとしています(契約アンペア数50A・電気使用量月400kWhの場合)。

供給エリア

丸紅新電力の供給エリアは以下のとおりです。

・北海道電力管内
・東京電力管内
・関西電力管内
・九州電力管内

※東北電力管内、中部電力管内、中国電力管内は、2016年6月を目処に供給開始予定

料金プラン(北海道電力管内)

丸紅新電力北海道電力
北海道電力 従量電灯B・Cと比較すると、基本料金は30A以上が同額、電力量料金(従量部分)は第1段階が同額、第2段階と第3段階が割安となっています。
契約アンペア数が20A以下だと基本料金が割高となります。

料金プラン(東京電力管内)

丸紅新電力東京電力
東京電力 従量電灯B・Cと比較すると、基本料金は40A以上が同額、電力量料金(従量部分)は第1段階と第2段階が同額、第3段階が割安となっています。
契約アンペア数が30A以下だと基本料金が割高となります。

料金プラン(関西電力管内)

丸紅新電力関西電力
プランS(従量電灯A)は250kWhまでが実質定額制となり、250kWhを超える分の電力量料金単価は関西電力 従量電灯Aよりも割安です。250kWh以下だと割高となります。
プランS(従量電灯B)は、関西電力 従量電灯Bと比較すると、基本料金は同額、電力量料金(従量部分)は第1段階が同額、第2段階と第3段階が割安となっています。

料金プラン(九州電力管内)

丸紅新電力九州電力
九州電力 従量電灯Bと比較すると、基本料金は30A以上が同額、電力量料金(従量部分)は第1段階が同額、第2段階と第3段階が割安となっています。契約アンペア数が20A以下だと基本料金が割高となります。
また、九州電力 従量電灯Cとの比較では、基本料金は同額、電力量料金(従量部分)は全ての段階で割安となっています。

スタジオジブリ提携料金プランも

スタジオジブリとのタイアップによる料金プラン「プランG」も用意されています。
「プランG」は基本料金が税込108円割高となり、電力量料金の単価も一部で割高となりますが、支払われた料金の一部が、森林保全活動などに使われます。

[丸紅新電力]スタジオジブリとのタイアップ料金「プランG」トトロの森などの森林保全支援も。テレビCM動画公開

申し込み・料金シミュレーション

丸紅新電力へへのスイッチング(切り替え)は、公式サイトからウェブで申し込めます。

丸紅新電力(個人のお客さま)
https://denki.marubeni.co.jp/home/

※おトク額がわかる料金シミュレーションもあります。

東京電力エリアの新電力会社電気サービス比較まとめ
関西電力エリアの新電力会社電気サービス比較まとめ
北海道電力エリアの新電力会社電気サービス比較まとめ
九州電力エリアの新電力会社電気サービス比較まとめ