[東京電力エナジーパートナー]引越先の電気申込はインターネット(くらしTEPCO)が便利

投稿者: | 2016年4月1日 [最終更新日]2016年4月19日

新たに一人暮らしを始めるなどで、引っ越し先の住居で東京電力エナジーパートナー(東京電力)の電気を新規で契約したい場合には、インターネットからの申し込み手続きが便利です。

東京電力エナジーパートナーくらしTEPCO
https://www.tepco-entry.com/apply/

東京電力エナジーパートナーの電気は、関東エリアだけでなく、中部エリア・関西エリアでも、新規で申し込むことができます。

新料金プランの選び方

東京電力エナジーパートナーの新料金プランには、一般的な家庭向けの「スタンダードS/L/X」か、大家族向けの「プレミアム」が用意されています。

・「スタンダードS/L」
このうち、もっとも一般的なプランは「スタンダードS」で、契約アンペアを10A~60Aから選べます。従来の従量電灯Bに相当するプランです。
電化製品が多い家庭では「スタンダードL」となることもあります。これは、契約容量が6kVA以上が対象で、従来の従量電灯Cに相当するプランです。

※電力使用量が月300kWh未満の場合は、従量電灯B・Cの方がおトクです。

・「スタンダードX」「プレミアム」
「スタンダードX」と「プレミアム」は、スマート契約と呼ばれるプランです。おおむね過去12ヵ月間における最大需要電力をもとに基本料金が変動するプランとなり、電気の使い方を工夫することで基本料金を節約することも可能です。

※「プレミアム」は、電力使用量が月400kWh以上だとおトクになる可能性があります。

新規申し込みなら検針票などは不要

東京電力エナジーパートナーの新料金プランに新規で申し込む場合は、引っ越し先の住所が分かれば大丈夫です。現在住んでいる住所の電気の検針票などは不要です(供給地点特定番号がわからなくても手続きできます)。
また、申し込み手続きは入居後でも大丈夫です。電力会社との契約が完了していなくても、ブレーカーを上げれば電気は使えます。

※現在の住所で電気を解約する場合は、別途手続きが必要です。
電気の使用停止手続きは、インターネットからが便利です。
http://www.tepco.co.jp/ep/private/moving/index-j.html

ポイント還元あり

東京電力エナジーパートナーの新料金プランは、ポイントサービスが用意されています。電気料金の支払い1000円ごとに5ポイント(5円相当)が貯まり、貯めたポイントはTポイントやPontaポイントに交換できます(ポイントコースを選択した場合)。
2017年以降にはポイントを電気料金の支払いに充当することもできるようになる予定です。

ポイントの確認や交換、ポイントコースの選択は、Webサービス「くらしTEPCO」の会員登録が必要です(無料)。

くらしTEPCO
https://www.kurashi.tepco.co.jp/

支払い方法

東京電力エナジーパートナーの新料金プランの支払い方法は、口座振替またはクレジットカードとなります。

また、検針票(領収書含む)についてはWebサービス「くらしTEPCO」で確認するのが原則となります。紙の検針票を希望する場合は、発行手数料108円(税込)がかかります。

新料金プランの申し込み

東京電力エナジーパートナーの新料金プランを、引っ越し先などで新規に申し込む場合は、インターネットから簡単に申し込むことができます。
また、現在の住居で従量電灯プランなどから新料金プランに変更したい場合も、インターネットから申し込むことができます。

東京電力エナジーパートナー
http://www.tepco.co.jp/jiyuuka/index-j.html

※引っ越し先で、従量電灯プランを契約することも可能です。電力使用量が少ない場合(おおむね月300kWh以下)は、新料金プランよりも従量電灯プランの方が割安になる可能性が高いです。