[京葉ガスのでんき]家庭向け電気料金メニュー「マイホームあかり」都市ガスとセット割引

投稿者: | 2016年3月29日

京葉ガスは、2016年7月から販売する低圧電力の料金メニューを発表しました。
申し込みの受付は2016年4月25日から(インターネットでの受付は7月4日から)始まります。

京葉ガスでんき
http://www.keiyogas.co.jp/home/kiki/denki/

東京電力従量電灯Bから京葉ガスの電気料金メニューに切り替えると、年間約6900円おトクになるとしています(契約アンペア数40A、年間電気使用量4800kWh、都市ガス・ガス暖房機器使用の場合)。

サービス提供エリア・対象

京葉ガスの電気料金メニューは、京葉ガスの都市ガスを利用している方が対象です。
京葉ガスの都市ガス供給エリアは、千葉県柏市・流山市・松戸市・鎌ヶ谷市・白井市・市川市・船橋市・浦安市などです。

電気料金メニュー

・「マイホームあかり」(東京電力 従量電灯B相当)
契約アンペア数は40A・50A・60Aのいずれかとなります。東京電力従量電灯Bと比べて、基本料金は同額。電力量料金(従量部分)は120kWh超の単価が割安となっています。
東京電力従量電灯Bよりもおトクになる電気使用量の目安は、「ペア割」の場合は月約310kWh以上、「ほっと割」の場合は月約280kWh以上、「ピカ割」の場合は月約250kWh以上で、京葉ガスの方がおトクになります。
京葉ガスでんき料金1

・「ビジネスあかり」(東京電力 従量電灯C相当)
契約容量が6kVA以上が対象です。東京電力従量電灯Cと比べて、基本料金は同額。電力量料金(従量部分)は120kWh超の単価が割安となっています。
「ペア割」適用の場合は、電気使用量が月約300kWh以上で東京電力従量電灯Cよりもおトクになります。
京葉ガス料金2

このほか、東京電力の低圧電力に相当する料金メニュー「ビジネスちから」も用意されます。

支払い方法

京葉ガスの電気の料金は、ガス料金とまとめて、口座振替またはクレジットカードでの支払いとなります。
ガス料金の現在の支払い方法が払込用紙の場合は、電気の申し込みの際に口座振替またはクレジットカードに支払い方法を変更する必要があります。

申込方法

京葉ガスの電気料金メニューの申し込みは、2016年4月25日から申込書による受付を開始。
インターネットでの受付は7月4日からとなります。

京葉ガスのでんき
http://www.keiyogas.co.jp/home/kiki/denki/