東京ガス「ずっともプラン」電気料金メニュー発表。電気セット割、トリプル割、ポイント還元、シミュレーション

投稿者: | 2015年12月24日

東京ガスは、2016年4月の電力小売り全面自由化に合わせて、ガスと電力の総合エネルギープラン「ずっともプラン」を発表しました。

東京ガスでんき

※2016年2月2日追記:一部料金が改定され、値下げされています。また、パッチョポイントのサービスが拡充されています。
[東京ガス]ずっともプラン電気料金メニュー値下げ、パッチョポイント還元も。プラン・シミュレーション

ずっともプラン

ずっともプランとは、ガスと電力を基本に、インターネット接続サービスや生活総合サービスなどを組み合わせたサービスプランです。東京ガスの都市ガスと電力を合わせて契約すると「ガス・電気セット割」が適用されて、電気料金の基本料金が毎月250円(税抜き)割引されます。

電気料金メニュー

東京ガスの電気料金メニューは3種類用意されます。
東京電力の「従量電灯B」に対応する「ずっとも電気1」、「従量電灯C」に対応する「ずっとも電気2」、「低圧電力」に対応する「ずっとも電気3」の3種類です。

このうち「ずっとも電気1」は、主に一般家庭や商店、飲食店、マンション共用部などで電気の使用量が多いユーザーが対象です。
契約アンペアは30A・40A・50A・60Aのいずれかとなり、1ヵ月の基本料金はそれぞれ907円20銭、1209円60銭、1512円00銭、1814円40銭。
電力量料金は、1kWh当たり140kWhまでが23円24銭、350kWhまでが23円89銭、350kWh超は29円12銭となります。
現在の電力消費量がおおむね月300kWhを上回る世帯では、東京ガスに切り替えることで電気代が割安になるとしています。

東京ガストリプル割

「東京ガストリプル割」は、ガス・電気とともに、光回線+インターネット接続サービス(光コラボ)を利用することでプロバイダ料金の月額料金が毎月100円~300円割引となるものです。
東京ガストリプル割は、提携プロバイダの光コラボサービスが対象となります。対象となるのは、AsahiNet光、エキサイト光、ビッグローブ光、DTI光、OCN光、ぷらら光、So-net光コラボレーション。
[光コラボ比較まとめ]

パッチョポイント

東京ガスのウェブ会員サービス「myTOKYOGAS」会員を対象としたポイントサービスが「パッチョポイント」です。
東京ガスのサービスを利用したりキャンペーンなどに参加することで、パッチョポイントが貯まります。
貯まったポイントを使うと、オリジナルグッズや提携ポイントへの交換、東京ガス施設見学会や商品への抽選企画に応募できたりします。
交換可能な提携ポイントには、Ponta、楽天スーパーポイント、Tポイント、WAONポイントが用意されます。

電力サービスの申し込み・切り替え手続き

これら、東京ガスの電力サービス「ずっともプラン」は、2016年1月4日9時から受付が開始されます。
東京電力からの切り替え手続きはは、東京ガスへの申し込みだけで完了します。ガス代と電気代の検針票などに記載されている契約者名義・お客さま番号などを用意するだけです。

申し込みの受付は、インターネットのほか、東京ガスの電力お客さまセンター(電話)、東京ガスのお店(ライフバル・エネスタ・エネフィットなど)で受け付けられます。

東京ガスの電気
http://power.tokyo-gas.co.jp/
(電気切り替えの申し込み)

電気料金がどれだけおトクになるかがわかる、料金シミュレーションもできます。

※契約アンペア数が20A以下の場合は申し込めません。契約アンペア数を30A以上に変更すれば申込可能となります。