[中部電力]首都圏エリア電気「カテエネプラン」料金プラン・キャンペーンなど。エディオン・ビッグローブ提携

投稿者: | 2016年2月3日 [最終更新日]2016年6月8日

中部電力は、首都圏エリアで家庭向け電力「カエテネプラン」の販売を開始しています。
その料金プランやキャンペーンなどについてまとめてみました。

カエテネプラン
http://hajimeru.chuden.jp/

中部電力が首都圏で販売する電気「カテエネプラン」は、東京電力エナジーパートナー従量電灯Bで契約電流が50A・60Aの方、または従量電灯Cの契約の方が対象となります。
この「カテエネプラン」に切り替えると、東京電力エナジーパートナー従量電灯Cと比べて年間約8500円おトクになるとしています(契約容量10kVA、月平均670kWh使用の場合)。

サービス提供エリア

中部電力の「カテエネプラン」は、東京電力エリアの方が申し込めます。

[東京電力エリア]
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、群馬県、茨城県、山梨県、静岡県(富士川以東)
※離島を除く

料金プラン

「カテエネプラン」の料金単価は以下のとおりです。
カエテネプラン料金

東京電力エナジーパートナーの従量電灯プランと比べて、基本料金が割安です。また、電力量料金(従量部分)は300kWh以下の部分は割高ですが、300kWh超の部分は割安となり、電気を多く使う家庭ほどおトクになります。

大まかの目安として、契約容量が8kVA以上で、月の電力使用量が500kWh以上程度あるならば、中部電力のカエテネプランに切り替えると割安になるでしょう。

※燃料費調整単価は、東京電力エナジーパートナーと同額です。
「燃料費調整単価(燃料費調整額)」調べ方・確認方法

ウェブ明細・カエテネポイント

「カテエネプラン」では、毎月の電気料金や使用量は、ウェブ会員サービス「カテエネ」によって確認することになります。検針票の郵送などはありません。
「カテエネ」に登録すると、入会するだけで300ポイントもらえます。このポイントは、電気料金の支払いに1ポイント=1円で使うことができます。

[カテエネ]中部電力のポイントサイト

支払い方法

電気料金の支払いは、クレジットカードによる支払いのみとなります。
口座振替や払込票(コンビニ払い)などは選べません。

申し込み・料金シミュレーション

中部電力の「カテエネプラン」は、ウェブサイトから申し込みできます。
ウェブ会員サービス「カテエネ」への登録と合わせて、カエテネプランに申し込むこととなります。

中部電力[カテエネ]
(料金シミュレーションもあります)

エディオン・ビッグローブでも販売

家電量販店のエディオンが中部電力の代理店となり、一部の店舗で「カテエネプラン」の申込受付を実施しています。開始当初の受付店舗は、エディオンのクロスガーデン富士中央店、サントムーン柿田川店、三島店、御殿場店、青葉台東急スクエア店、港北センター南店、横浜店、西上尾店、ららぽーと新三郷店、柏店の10店舗です。

また、インターネットプロバイダのBIGLOBE(ビッグローブ)からは、インターネット接続サービスと「カテエネプラン」のセットメニューが用意されています。BIGLOBEの光回線や格安SIMなどを利用している方はこちらも検討してみてください。
[ビッグローブでんき]BIGLOBEの電力サービス、中部電力カテエネプランで光回線・SIMセット割引

2016年夏には値下げも?

中部電力の首都圏向け電力プラン「カテエネプラン」は、2016年4月のサービス開始から約2ヵ月間で契約件数は約2700件とのこと。当初の目標よりも契約件数が少ない水準となっており、テコ入れのために料金プランの値下げも検討されているそうです。